神戸こどもblog

保育士の資格がとれる専修学校「神戸こども総合専門学院」のブログです。六甲山の西、標高407m、豊かな自然のなかにあります。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
COMMENTS
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
福祉施設実習報告会



10月16日(火曜日)


今日は8月から9月に相次いで行われた
保育園実習+福祉施設実習の
中で、
福祉施設実習の
報告会でした




今日は2年生の報告。




「かかわりをどう持つのが適切なのか、
相手によってそのつど変えていかなくては
ならないと思いました」

「利用者さんが求めている過ごしやすさ
を、少しでも理解して支援できたら
よいのではないかと思いました。」

「座学で学んだことが生かされたときは
充実感を持てるし、それ以上に現場で
得られるものがあったときは新鮮に
吸収できたと思う」

などなど

実習によって一回り大きくなった
学生さんたちの発言を聞かせてもらいました。

今後の授業にも
役立てていってほしいです〜

森の学校

一年生
 造形表現の授業

今日は、再度山にある「森の学校」に
お出かけしました。

六甲山の中央に位置する再度山は
110年ほど前に、
木々がまったくなくなってしまっていたそうです

大雨が降るたびに泥土が流れ落ち
災害が多かったので
植林が始まりました

100年たって緑に囲まれた山が再生
現在は密生しすぎた木を間伐するための
作業を毎年行っています

密生した植物により
繁殖する種類と、絶滅する種類があるため
均衡が取れないからです。

「動物と植物。どちらも環境による影響を受けます。
動物は動けるからよりよい環境に移動できるけど
植物は動けませんから、私たちが整えてあげるんですよ」

密生した木々の伐採が大切なことを
教えていただいたので
みんな勇んで山に入りました。

20分ほど山の中に入ります
この辺りは須磨から宝塚までの
縦走コースになっています
全長約56キロメートル




危険回避の講習を受けて



切り方を教わって






100年先の神戸が
住みよい街になっていますように



2012秋・稲刈り〜

 楽農保育の授業


六甲の柔らかい日差しを浴びて
春から大切に育てられていた
稲たち



夏までは
水やりや草取りを欠かさず

夏休み中は
にこにこお陽さまが
しっかりと栄養を蓄えてくれました

おかげで、たわわに稔った稲穂



今日は収穫の日です





ほら
黄金色になってる!


収穫した稲は陰干しして乾燥させます



お米の水分は15%程度に保つとおいしい

昔ながらの自然乾燥
1週間くらいで出来上がります

ちょうどお天気に恵まれている時期です






さぁて
どのくらいの量に
なるのかな?

きっと
おいしいおにぎりが
食べられるよ!

「小児栄養」で、食品添加物を学ぶ

 昨日と今日は、雨降りです

外は寒いのですが

お部屋は暖か

金曜の2限「小児栄養」は
調理実習ではなく、お勉強
食品添加物を学びました



手にしているのは
袋入りラーメン

食品表示を見ています



ふだんから気にはしているけれど

改めて眺めてみると

わあー いっぱい 書いてある



気にしてたら 何も食べられへん

の声も聞こえてくる



私も と、大G先生

コンビニで買ってきた おにぎりにも

いっぱい使われているねえ

と、ため息



食品表示は なんのためにあるのか

みんなで しんけんに考えました

社会福祉援助技術の授業

 木曜日二時間目

「社会福祉援助技術」の授業・2年生



プライバシーの保護がどれほど重要かを認識します。
社会的立場もそうですが、
家庭内でもよく理解しておくことが
心のケアにもつながります。

真剣にノートをとる学生さんたち

あらゆる場面を想定しての
相談援助技術の勉強には余念がありません




お隣の教室では
「保育の心理学」の授業 1年生


真剣な講義中だったので・・・
窓越しに様子をキャッチ!

キン!と冷え込む六甲の山腹ですが
温かい教室で熱い講義が
繰り広げられています〜


(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.