神戸こどもblog

保育士の資格がとれる専修学校「神戸こども総合専門学院」のブログです。六甲山の西、標高407m、豊かな自然のなかにあります。
<< March 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
COMMENTS
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
ネパール地震の被災地から
6月1日
ソウルタイム

NPO法人”CODE”の
吉椿 雅道さんが
お話してくださいました
・・・

ネパール中部ゴルカ郡
首都カトマンズから北西約77

2015年4月25日
マグニチュード7.8の大きな大きな
地震に見舞われました

直後の5月3日から14日まで
復興支援活動のための調査に
”CODE”海外災害救助市民センターの
みなさんが現地入りされました



阪神淡路大震災のときは
全世界から70か国の支援を受けたそうです

東日本大震災のときは
173か国の支援に広がったそうです

地球のどこにいても
どこかで自然災害に見舞われたら
他人ごとではなく
自分でできる限りの
支援を試みる

当たり前だけれど
とても大切なことだと
思います

今回ネパールで犠牲になられた方は
昨年全世界で自然災害に遭われた人数より
はるかに上回っているそうです

何かお手伝いが出来ないか
考えてください

山間部で
車が入り込めず
ヘリコプターも
飛べない地域に
徒歩でテントを
運ぶこと

倒壊してないけれど
ひびが入っていて
30000回にも及ぶ余震で
近づけない我が家

日本で強烈な自然災害を
経験している私たち
辛い思い、不自由な暮らし
それらを乗り越える力
支えあい
どれも大切なことだと
思います



《学生さんたちの感想より》

*ネパールに知人がいるのですごく心配です
*「困ったときはお互い様」の言葉が心に残りました
*国の隔たりはない。復興支援の大事さを学んだ
*早く元の生活に戻れるよう復興が進むことを願いました
*被災すると自分が本当に孤独かどうか思い知らされるという言葉を思い出しました。
*今日は2限で”災害福祉”の授業もあったので、災害について考える一日になりました。
- | 10:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
- | 10:37 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kobe-kodomo.jugem.jp/trackback/420
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.