神戸こどもblog

保育士の資格がとれる専修学校「神戸こども総合専門学院」のブログです。六甲山の西、標高407m、豊かな自然のなかにあります。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ENTRIES
COMMENTS
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
保育実習

 寒さに負けず
保育園の実習が始まりました


今日はS保育園を
訪問させていただきました

「モンテッソーリ」と「シュタイナー」
双方の良いところを生かして保育を
実践されています。

園児たちが積極的に動く。
自主的に動く。
三々五々集まると
自然に
輪を作って遊ぶ。
明るくて
挨拶が気持ちいい
子どもたちに
とても元気を頂きました。


園長先生の
ぶれない保育方針に
感動しながらも

その陰には
ご自身が若い時から
各国にアポイントを取っては
その地に赴き
表面だけではなく
実際に園の中に入って
観察・取材

その国の特徴や環境を考察しつつ
日本の保育実践との相違を探求し、
良い方法を編み出すことを
繰り返し行われていることの
結果であり、
賜物であることに
大きくうなづけるものばかりでした。

それぞれの園に
訪問させていただいて
本当に毎回感動しますが、
改めて、保育の現場が
子どもの成長過程で大きな役割を
担っているかを改めて感じます。

広い園内の、ほんの一部ですが
写真の掲載を
許可いただきましたので
少し、ご案内しましょう。


「玄関」
収穫した農作物・・・
大根も干してありました
”たくあん”が毎年
200本できるそうです

ロッカールームにある洗面


すてきなタイルは
園長先生が
貼ったそうです


お手洗いにもきれいな模様が


知的空間
モンテッソーリの教育玩具が
使いこなされています









みんなが集まると
自然にわらべ歌を歌ったり
踊ったり、
先生の指導がなくても
何かが始まるのです


園庭を見下ろすと、下にも
もう一つの園舎が。


そちらにも
お邪魔してみました


廊下もすてきなタイル張り


こちらの洗面所もステキ


各部屋に繋がるドアは
全てヨーロピアンスタイル


新生児さんのお部屋は
全て床暖房です


別館の二階はお遊戯室
ここでは
コンサートが催されています


こんなステキな環境で
のびのびと育つ子どもたち

広い世界に飛び立っていく
その日が来るまで
きっと心の栄養が
満たされているに
違いないね

- | 23:29 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
from: Rigel   2012/02/14 11:11 AM
またひとつ宝物、すてきな保育園を見つけましたね。子どもたちの姿を私も見たいです。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kobe-kodomo.jugem.jp/trackback/339
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.