神戸こどもblog

保育士の資格がとれる専修学校「神戸こども総合専門学院」のブログです。六甲山の西、標高407m、豊かな自然のなかにあります。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
COMMENTS
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
絵本『10このちいさな おもちゃのあひる』

『10このちいさな おもちゃのあひる』(絵本)
エリック・カール(作) くどうなおこ(訳)
偕成社 1890円(税込み)
2005年10月発行
31p 大型変型(縦312×238)厚14mm 上製 700g
ISBN 4-03-327920-2

おもちゃのあひるの、かわいい冒険


 『はらぺこあおむし』でよく知られている
エリック・カールの絵本

 アメリカの新聞に載った記事を読んで、
カールさんは思いついたそうです。
それは、こんなニュースでした。


1992年のこと、
太平洋の真ん中あたりで、おもちゃを積んだ船が嵐にあい、
29000個もの おもちゃが海に落とされたのです。

それから11年後の2003年、
アメリカの海岸に、おもちゃのアヒルがうちあげられた。
11年間、ずっと海の上を漂っていたアヒルたちは、
カールさんの気持ちをひきつけたようです。


冬の渡り鳥 マガモ (記事とは関係ありません)


さて、
絵本のものがたりは、
できたてのおもちゃのアヒルが、
やはり
嵐にあって、船から落っこちるところから始まります。


はこの ひとつが どっすんこ
うみに おちて ざっぶんこ
はこが ひらいて おもちゃの あひるが ころころり
「あひる10こ うみに おちたぞー!」と
せんちょうさんが さけぶ
「あひる10こ うみに おちたぞー!」


おもちゃのあひるたちは、
ちりぢり ゆらゆら はなればなれ


西に行ったあひるは、いるかのジャンプにあい、
東に行ったあひるは、あざらしの吠え声をききます。
北に行ったあひるは、しろくまに声かけられ、
南に行ったあひるは、フラミンゴとにらめっこします。


波をのりこえたり 波まかせに漂ったり、
10このあひる、
1ばんめから 9ばんめまで、
いろいろなドラマがありました。


そして、10ばんめのあひる。


おひさま しずみ あたりは くらやみ
だぁれもいない まわりには
ただ うみと そらだけ
ただ うみと そらだけ


カールさん!
10ばんめのあひる どうなるの?


よくあさ めのまえに あらららら


「ほんとのあひるの家族」に 出会うのです。
 「ほんとのあひる」には 9羽のこどもがいました。


"くわっくわっ!"
あひるの かあさん あいさつしてくれた
"くわっくわっくわっくわっ!"
あひるの こどもも あいさつしてくれた


おもちゃのあひるも加わって、
10羽のあひる、
かあさんのあひるに ついて行きます。

日が暮れるから、
おうちに帰るんですって。

日がすっかり暮れて、
おつきさまが、あひるたちに声をかけました。


"おやすみ!"


かあさんあひるも、
こどものあひるも、
「くわっ!」
と返事をしました。

そこで、
おもちゃのあひるも 返事しなくては……。


絵本の最後のページに
「ここをおしてみてね」
と 書いてあります。
 
さあて、押してみると……。


"くわっこきーこ!"


音の出る絵本でした。


神戸こども

コメント
from: クラコ   2011/12/12 8:55 PM
おもしろいですねぇ。

本屋さんにいってみよぉ〜っと。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kobe-kodomo.jugem.jp/trackback/331
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.