神戸こどもblog

保育士の資格がとれる専修学校「神戸こども総合専門学院」のブログです。六甲山の西、標高407m、豊かな自然のなかにあります。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
ENTRIES
COMMENTS
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
『ガラスの家族』

『ガラスの家族』
キャサリン=パターソン(作) 岡本浜江(おかもとはまえ訳)
偕成社 1260円(税込み)
1984年10月発行 262p 四六判(縦195×135)厚21mm 上製 370g
ISBN 4-03-726250-9
(偕成社文庫版もあります。税込み735円)


※ 児童養護施設に関心のある方は、この本を読んでみよう!



少女ギリーの欲した家庭とは?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 11歳の少女ギリーは、3歳で里子に出され、今3番目の里親のもとにたどりつこうとしている場面から物語は始まります。

 ケース・ワーカーのエリスが運転する車のなかで、エリスは新しい里親に気に入られるよういろいろ
と注意するのですが、ギリーはふうせんガムを「エリスさんの頭がすけて見えるくらいに大きく」し、それが破裂して、「前髪や、ほおや、あごにくっついたガム」をはがしている始末でした。


 転校して早々、バスケットボールで遊んでいた男の子たち6人のなかにギリーは割り込み、ボールを奪い、喧嘩になってしまった。というより、喧嘩をしかけたのでした。


満身の力をこめて、ひっかいたり、けっとばしたりした。男の子たちはきずついた子犬みたいに、キャンキャン鳴いた。(本文より)



 ギリーに言わせてみれば、「カバみたいに大きな」「クジラのあぶらみたいな」おばさんが新しい里親トロッターさんでした。そしてギリーとはだいぶ年下の、先に世話になっていたウィリアム=アーネストという少年がいて、ギリーを入れると3人の住まいでした。隣には、盲人のランドルフさんがいて、夕食どきは4人になるのでした。


 トロッターさんに頼まれて、ランドルフさんの家にさがしものをしに行ったギリーは、そのとき、ランドルフさんの所持金を見つけ、それを盗んでしまいます。その後、トロッターさんの開いていたバッグからも大金を盗んでしまうのです。お金があれば、母のいるサンフランシスコに行けると思ったからでした。


 大金を盗んだその日、すぐにサンフランシスコに向かいました。すぐに見つかりそうだからです。長距離バスの駅で、ギリーはその挙動不審を見抜かれ、警官がやってきます。そして、トロッターさんも、ウィリアムも。



 どうしようもない悪い子──ですよね、ギリーは……。

 3歳で別れてそれきり会ってない母の写真を、ギリーは大切にしていました。写真の母は、「つやつやした黒髪が一本のみだれもなく、きれいなウェーブになってさがっている。まるでテレビの女優さんみたい」

 その写真の片隅に、こう書いてありました。

 「わたしのかわいいガラドリエルへ、いつも愛しています」


 ガラドリエルがギリーの正式な名前でした。ギリーはおかあさんに会いたかった。おかあさんに会いたいがために、お金が欲しかった。



 
 トロッターさんは、警察から引き取ったギリーに、ある取り引きを提案し、ギリーはそれを受け入れます。トロッターさんは、天性的なやさしさを持っている、という人柄(私の印象ですが)。機知はあるやなしや? しかし、臆病なウィリアム=アーネストのためには、そして、ギリーのためには、身を張って守り抜こうとします。


 11月の半ば、ランドルフさんがインフルエンザにかかりました。盲人なので一人で住まわせておけないので、3人たちの食堂にベッドをつくって面倒をみました。そのためか、トロッターさんもウィリアムも次々とインフルエンザになり、元気なのはギリーだけになってしまいました。


 巨体のトロッターさんが病人になってしまうと看病が大変、ウィリアムは寝小便をするしで、ギリーはくたくた。そこへ、思わぬ客が飛び込んでくるのです。ギリーの記憶にはなかった実のおばあさんでした。



 親権者が引き取ると言えば、法は逆らえず、ギリーはトロッターさんの家を出なくてはならなくなります。そして、やがて、ギリーはあこがれの母に会うことになるのですが……。


 家族とは何か?
 しあわせとは……?


 荒れていたギリーがなぜ立ち直れたのか?──そういう読み方もできるでしょう。
 しっとり、じっくり考えることのできる小品。

スポンサーサイト
- | 23:36 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kobe-kodomo.jugem.jp/trackback/255
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.