神戸こどもblog

保育士の資格がとれる専修学校「神戸こども総合専門学院」のブログです。六甲山の西、標高407m、豊かな自然のなかにあります。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
ENTRIES
COMMENTS
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
赤い鳥小鳥 ♪

 「働く男の背中」のF林さん(「先生」とは言わない、言ってはいけないのだ) は、そんじょそこらにいないクセモノ。素浪人…でもいいと思う。いきなり脱線。江戸の時代、安定した頃、やっぱり幕府(=官僚)はどこにも所属しない者の始末に困った。道場で励めば役人の端くれにしてやる、とでも思ったのかな?、浪人という存在は面倒だった。その素浪人がF林さん(以下、Fさん)

 ひょんなことから、「そのまま」見ることの話になった。目の前に現れる「その事実」の認識論だ。五感が大切なことはわかる。では、五感の一つ、視覚──「目」で使う言葉とはなぁ−んだ…… 感覚のことだから「ことば」で表現するのも確かめのはずだ。この問いで多い答えは「色」。「色」と言った人に目をつむってもらい、「では、赤・黄・青、緑・白、黒、こういう集まりを何という」と問い掛けると、目を閉じても「色」と答えられる。そう、そうなんです。「色」という言葉は頭でつかう言葉で、目で見なければわからない言葉ではない。一方、目をつむったままで、私が色紙を持ち、「私は何色の色紙を持っているか?」と訊ねても、目をつむったままでは答えられない。赤い色紙を持っていたとしたら、目をあければすぐさま「赤」と答えられる。そう、「赤」こそが、五感の一つ、目でつかうことば。

 じつは、私たちは、ろくに目の前で現れていることを見もしないで、あるいは無視して、あるいは先入観が邪魔して見えないまま、自己主張することが少なからずある。五感の重要性を認めながらも、それを身につけるのはむずかしい。

 赤い鳥小鳥
 なぜなぜ赤い
 赤い実を食べた

 白秋のこの詩(うた)が、Fさんとで話題になった。

 意を得たりとFさんは、弓削牧場であったこと を思い出した。
 牧場長「牛のミルクはなぜ白いか?」を牧場体験中の学生に問うた。
 誰も応えない。シーン。
 Fさんは、「白い実を食べた」と言葉を送った。
 それでも、静かなトキ(時間)が過ぎ去るだけだった。

 あーあー、むずかしいよね。
 牛のミルクが白い理由(わけ)はあるのかもしれない。でも、Fさんと私の属するお馬鹿さん班が持っている答えは一つじゃない。何通りもある。

 そう「白いから白い」。それじゃあつまらないから、「白い実を食べた」。

 学生一同、なんのことかわからず、シーン……



 サッちゃんはね サチコっていうんだ
 ほんとはね だけど ちっちゃいから
 じぶんのこと サッちゃんって呼ぶんだよ
 おかしいな サッちゃん

 この詩も同じことをいってる。
 目の前に現れたことを受け入れる。

 私とFさんは走るクルマの中で、この会話をしていた。
 ハンドルを握るはFさん。
 話に夢中になって、スピードメーターは40キロを切っている。
 後続のクルマが猛スピードで追い抜いて行った。
 Fさんはいつまでも巣浪人。



スポンサーサイト
- | 21:31 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kobe-kodomo.jugem.jp/trackback/115
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.